なぜリハ医がITベンチャーの産業医を始めたのか

投稿日:

産業医・リハ医のヤマコーです。個人のFacebookはこちら

リハビリ病院への勤務の傍ら、多くのITベンチャーの産業医をさせていただいています。リハビリというのは「病気や怪我で不自由がある人が、機能を回復すること」だと思っている方が多いと思います。そんなことをしている医者が、なぜ「企業の健康を管理する」産業医をしているのか、不思議に思われる方も居ると思います。今日はその理由について書きたいと思います。

 

もくじ

  1. リハビリが必要ないように、先回りしたい
  2. 健康のPDCAを回すことを、職場から
    1. ちょっと納得行かない方へ
  3. ITベンチャーで働くわけ

1.リハビリが必要ないように、先回りしたい

多くの方が考えるように、病院でのリハビリでは、怪我や病気で体が動かなくなったりした方に、もとの生活に戻れるよう、機能訓練を行っています。脳卒中なら左右どちらかの手足が動きにくくなったり、ものを飲み込むのが難しくなったりします。傷害を受けた部位によっては、言葉がじょうずに出なくなることもあります。骨折なら手足が動かせず(痛みのためだったり、安静のためだったりします)、活動量が下がることで筋肉が痩せて歩行や作業に必要な力がなくなってしまいます。そうした状態から、もとに戻れる保証は必ずしもありません。手足が二度と動かなかったり、食事を取れなくなってしまうこともあるのです。また、幸いにも機能を取り戻せたとしても、それまでの過程は辛く苦しいものですし、長期間を要することもあります。その間、家庭や仕事はどうなるのでしょうか?当たり前なのですが、「リハビリが必要になるような、病気や怪我はしないほうが良い」のです。

 

健康のPDCAを回すことを、職場から

まあ、病気になりたい、障害を負いたいと思う方はいないでしょう。ただ、それをどのように防ぐのかということについて具体的な対処をしている方は多くない、というのが産業医として企業に入ったうえでの実感です。関心がないわけではないけれど、何をしていいかわからない。或いはアイディアを持っていても、行動に移せていない。行動に繋がらなければ、成果も生じない。あなたの勤める会社で、同僚の営業成績が振るわないのに何の対策も講じていなかったら「まずいな」と思いますよね? あなたが声をかけなくても、きちんと上司が見てくれていれば指導が入るでしょう。それが会社の目的にかなったことですし、成果が上がらねば、お給料を払う側としては「割に合わない」。このように、会社での仕事には、現状をいち早く察知し、問題や停滞を解消するモチベーションがあるのです。それが、健康増進においては不足しているということが言えるのではないかと、感じています。PDCAを回すことが、健康に関してももっと必要だ。そう考えているのです(具体的な方法は、これから個別に記事を書いていこうと思います)。

 

PDCAを適切に、爆速で回すこと、そのためには環境を整えてやることが一番現実的なのではないか。「(病気になる前の)大人が毎日通う外の場所」、つまりは「職場」をその現場にしよう。これが、産業医をはじめたときの発想でした。

ちょっと納得行かない方へ

病気にはならないほうがいい。それはそうだけど、「健康であるために生きる」なんておかしな話だ、健康って何かを成し遂げるためのベースであって、目的じゃなく手段だろうーー、と思われる方もいるでしょう。そうですよね。でも、それを言うならば会社だって、利益を上げるのは手段ではないでしょうか(まあ、建前としては、少なくともそうでしょう)。世に実現したい価値があって、そのための駆動力として、利益が必要である。そこは大抵は正しいと思います。だから(本当の目的のために必要な)利益を上げるために、集まった人たちが助け合ったり檄を飛ばしたりしている。集まって取り組むから、多様性を活かした、継続的な努力ができる。そうして成果を上げれば、やりたいことができる。同じことが健康増進でも言えないですか?

或いは、そもそも健康って個人のことであって、どう向き合うかなんて勝手にすればいいだろうーー、という声もありそうです。これは極めて勿体無い考え方、いや、先入観だと思うのです。必要なのは、成果が上がる方法をゼロベースで考えることではないでしょうか?上の会社の話につながりますが、個人のことと割り切らず、みんなで・継続的に取り組むことができたら、成果が上がるのではないでしょうか。私は「そっちの方が面白い」と思うのです。

*ゼロベースで考えたら、そもそも健康って大事なの?となった方もいるかもしれません。私は医者のくせにそこも疑ってしまったけれど、いろいろ考えて今の活動に至っています。今回はひとまず上のように「手段としてでも重要」だ、と述べるにとどめます。もっとこの話は具体的に掘り下げたいところですので、また別の記事にて。

 

ITベンチャーで働くわけ

多少趣味の分かれそうな話をしました。ただ、実利主義であればこういう考え方に親和性が高いのではないかとも思っていました。そういうフィールドで、種まきをしよう。そう考えていました。しかし、たまたま縁があったベンチャー企業は、案外難しい現場でした。組織としての生き残りをかけたフェイズが続いていく中で、福利厚生という認識で捉えている健康の部分にリソースを割くのは難しい、といえばまあ納得なのですが、そこで引いていては話が進みません。私としては、クライアントが組織として生き残ることは当然ですが、よりしたたかに成長していくために、健康増進のための介入を活かしてほしいのです。ですから次に出てくるのは「健康増進をただの福利厚生と思ってるなんて、損してますぜ」というザックリした説明です。

 

組織が小さいことや若いスタッフが多いことは、柔軟性にはとても優れているのです。一度納得していただいて、一致・挙社体制で臨めれば、相対的には大きな成果を上げやすい。だからこそ、組織づくりの中に一本、「社員が快適に働けて、健康でいられる」という軸を通していただきたいのです。もちろん納得していただくまでいろいろな形でサポートしますし、その後もどんどん施策を打っていきます。大きな変革を恐れないこと、新しいツールなどに抵抗がないこと、そうした資質をITベンチャーという属性の組織は、たいてい満たしているのです。

 

そして、まだ若い社員が多いことは、まだまだ常識と言えない「会社で健康増進」を社会全体に広げていくうえで最適な種まきの場であると考えています。もちろんどんな年齢の方でも学習や適応というのは可能ですが、社会人として一定の期間を過ごす前の「常識形成期」に介入していくことに、強いモチベーションを感じるのです。

 

 

…少し長くなりましたが、「ITベンチャー専門の産業医」という名乗りを上げるようになったのには、こうした経緯がありました。企業の方も、あるいは医療職の方も、ご興味を持っていただけたら、是非一緒に何か形にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です